未分類一覧

性病検査キットの検査結果が陽性の場合はオンライン診療・治療も

性病検査キットの検査は精度の高いものが多いですが、検査結果が陽性となった場合でも、薬の処方や点滴、注射など治療に入るには医師の診断が必要です。治療にはクリニックや病院に行く必要がありますが、「病院に行く時間がない」「クリニックで人と会うのが嫌」「性病科の前で知り合いと会ったらどうしよう」「保険証などで性病治療が家族にバレるのが嫌」といった方もいると思います。郵送性病検査キットで性病検査された方は、なおそういった方が多いと思います。そういった方のために、ここでは病院やクリニックに行かず、誰にも知られることなく性病治療できるオンライン診療・治療が可能なクリニックを紹介します。いずれのクリニックも自由診療だけですので保険証の提出は不要です。また初診からでもオンライン診療が可能です。なお、オンライン診療・治療ができるのは、薬で治療できる性病に限られます。市販薬での治療は効果が不明なことも多いので、医師による治療をおすすめします。

C型肝炎検査キットおすすめ。口コミも。精度高いC型肝炎ウイルス性病検査が自宅でできる

C型肝炎ウイルス(HCV)は、B型肝炎同様、免疫によってウイルスを排除する一過性感染と、ウイルスを排除できず体内に残ってしまう持続感染(キャリア)がありますが、慢性化率が高いのが特徴で、60~70%の人はウイルスが自然に排除されることなく、慢性肝炎になると言われています。また、症状が出ないまま10~15年かけてC型肝炎ウイルス(HCV)が増殖し、肝硬変や肝臓癌になることもあります。ただ現在は、治療の進歩により、早期発見・適切な治療で体内からウイルスを排除することが可能になり、日本ではC型肝炎ウイルスが原因の肝臓癌は減少しています。C型肝炎ウイルスの感染は、血液を介してします。お風呂や便器、握手や食器の共用で感染しません。また、C型肝炎の人の血液に直接触れなければ感染しませんので、通常の性行為によっては感染しません。しかし、生理中の性行為など出血をともなう性行為では感染します。歯ブラシやひげ剃りなど血液が付く可能性があるものの共用は避けるようにしましょう。肝臓は沈黙の臓器と言われますが、C型肝炎も慢性化の段階ではほとんどの人に自覚症状がありません。自覚症状があっても、体がだるい、疲れやすい、食欲がない、悪心、体重減少など、C型肝炎に独特の症状ではありません。自覚症状がないまま肝硬変、肝臓癌になる方もいます。C型肝炎検査はC型肝炎感染を知る唯一の方法です。自覚症状が無いことも多く、症状だけで判断するのは難しいようですので、気になる方は、なるべく早く検査を受けましょう。とくに、1992年以前に手術や輸血を受けた方、1994年以前にフィブリノゲン製剤、1988年以前に血液凝固因子製剤を使用された方、家族にC型肝炎ウイルス(HCV)陽性者がいる方は検査を受けた方がいいようです。C型肝炎検査検査を匿名、無料で受けられる保健所、各自治体が委託する医療機関もあります。気になる方は、なるべく早く検査を受けましょう。「保健所や医療機関で人目に付くのが嫌」「保健所や病院に行く時間がない」という方は、郵送検査なら自宅でも簡単にC型肝炎検査ができます。自分で検体採取するセルフ検査ですが、検査精度高く、完全匿名で人と会うことも無く検査ができ、検査結果も早く分かるのでおすすめです。

B型肝炎検査キットおすすめ。口コミも。精度高いB型肝炎ウイルス(HBV)性病検査が自宅でできる

精度の高いB型肝炎検査が、自宅で、自分で、完全匿名でできるおすすめの郵送B型肝炎性病検査キット、性病検査キットの口コミを紹介します。B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)が血液・体液を介して感染することで起こる肝機能障害(肝炎)をいいます。B型肝炎には、一定期間を経てB型肝炎ウイルス(HBV)が体から排除されて一過性の感染に終わる一過性感染と、ほぼ生涯にわたり感染が継続する持続感染(HBVキャリア)があります。持続感染が進行すると肝硬変や肝臓癌へ進行することもあるので注意が必要です。B型肝炎ウイルスの感染は、B型肝炎ウイルスの含まれる血液や体液が体内に入ることにより起こります。よって、輸血やHBVに感染している母親からの母子感染、家庭内感染、性行為により感染します。一過性感染の多くは、性行為によるものと考えられています。出産時の母子感染や3歳未満の感染は、持続感染になりやすいようです。なお、日本で輸血される血液はすべてB型肝炎ウイルスの検査が行われるため、輸血による感染確率はゼロではありませんがゼロに近づいています。感染しても自覚症状がなく自然治癒する人が多い、といわれますが、症状がみられるのは、急性B型肝炎の約20~30%といわれています。B型肝炎は、感染力が強いウイルスですが、早期の治療により完治できる病気です。B型肝炎検査はB型肝炎感染を知る唯一の方法です。自覚症状が無いことも多く、症状だけで判断するのは難しいようですので、気になる方は、なるべく早く検査を受けましょう。B型肝炎検査検査を匿名、無料で受けられる保健所、各自治体が委託する医療機関もあります。「保健所や医療機関で人目に付くのが嫌」「保健所や病院に行く時間がない」という方は、郵送検査なら自宅でも簡単にB型肝炎検査ができます。自分で検体採取するセルフ検査ですが、検査精度高く、完全匿名で人と会うことも無く検査ができ、検査結果も早く分かるのでおすすめです。

ウレアプラズマ検査キットおすすめ。口コミも。精度高いウレアプラズマパルバム・ウレアリチカム性病検査が自宅でできる

精度の高いウレアプラズマ検査が、自宅で、自分で、完全匿名でできるおすすめの郵送ウレアプラズマ性病検査キット、性病検査キットの口コミを紹介します。ウレアプラズマと呼ばれる菌は種類が様々ありますが、性感染症の一つである尿道炎を引き起こすのは、ウレアプラズマ・パルバム、ウレアプラズマ・ウレアリチカムといわれています。尿道炎の約20%がウレアプラズマやマイコプラズマが原因と言われ、「非クラミジア性非淋菌性尿道炎(クラミジアと淋菌以外が原因の尿道炎)」の一種で、クラミジアや淋菌に次いで尿道炎の原因菌として近年注目を集めています。ウレアプラズマの感染経路は、主に性行為です。細菌が粘膜と接触することで感染しますので、お風呂や便器、タオルなどでの感染は考えにくいです。感染率は1回の性行為で30~50%と言われ、また感染しても、症状が弱かったり、全く症状がない場合もあり、感染していることに気付かないことも多いようです。そのため、パートナーはじめ、他人に感染させてしまう方が多く感染者が増加傾向にあります。ウレアプラズマ検査はウレアプラズマ感染を知る唯一の方法です。自覚症状が無いことも多く、症状だけで判断するのは難しいようですので、気になる方は、なるべく早く検査を受けましょう。ウレアプラズマ検査を受けられる保健所はありません。医療機関に行く必要がありますが、「医療機関で人目に付くのが嫌」「病院に行く時間がない」という方は、郵送検査なら自宅でも簡単にウレアプラズマ検査ができます。自分で検体採取するセルフ検査ですが、検査精度高く、完全匿名で人と会うことも無く検査ができ、検査結果も早く分かるのでおすすめです。

マイコプラズマ検査キットおすすめ。口コミも。精度高いマイコプラズマジェニタリウム・ホミニス性病検査が自宅でできる

精度の高いマイコプラズマ検査が、自宅で、自分で、完全匿名でできるおすすめの郵送マイコプラズマ性病検査キット、性病検査キットの口コミを紹介します。マイコプラズマは、細胞壁のない特殊な細菌で、種類が様々ありますが、性感染症を引き起こすのは、マイコプラズマ・ジェニタリウム、マイコプラズマ・ホミニスといわれ、マイコプラズマ・ジェニタリウム以外のマイコプラズマは、性器常在菌で、性感染症との関連ははっきりとはわかっていないようです。マイコプラズマというとマイコプラズマ肺炎を思い浮かべる方もいると思いますが、マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマ・ニューモニエという別の種類の菌によるもので、性病のマイコプラズマの原因菌と、マイコプラズマ肺炎の原因菌は別物です。よって、「マイコプラズマ肺炎に感染=性病のマイコプラズマに感染」というわけではなく、その逆も同じです。性病のマイコプラズマの感染経路は、主に性行為です。感染しても、症状が弱かったり、全く症状がない場合もあり、感染していることに気付かないことも多いようです。マイコプラズマ・ジェニタリウムに感染すると男性は主に尿道炎、女性は主に子宮頸管炎が引き起こされます。尿道炎の約20%がマイコプラズマやウレアプラズマが原因と言われ、クラミジアと淋菌以外が原因の尿道炎を「非クラミジア性非淋菌性尿道炎」といい、クラミジアや淋菌に次いで尿道炎の原因菌として近年注目を集めています。マイコプラズマ検査はマイコプラズマ感染を知る唯一の方法です。自覚症状が無いことも多く、症状だけで判断するのは難しいようですので、気になる方は、なるべく早く検査を受けましょう。マイコプラズマ検査を受けられる保健所はありません。医療機関に行く必要がありますが、「医療機関で人目に付くのが嫌」「病院に行く時間がない」という方は、郵送検査なら自宅でも簡単にマイコプラズマ検査ができます。自分で検体採取するセルフ検査ですが、検査精度高く、完全匿名で人と会うことも無く検査ができ、検査結果も早く分かるのでおすすめです。

トリコモナス検査キット(膣・男性器)おすすめ。口コミも。精度高いトリコモナス性病検査が自宅でできる

精度の高いトリコモナス検査(膣・男性器)が、自宅で、自分で、完全匿名でできるおすすめの郵送トリコモナス性病検査キット、性病検査キットの口コミを紹介します。トリコモナスは、0.1mmぐらいの肉眼で認識できない原虫という生物が性器内に入り炎症を起こす性感染症です。感染経路は主に性行為ですが、お風呂や便器、下着やタオルからでも感染します。そのため高齢者や子どもにでも感染する可能性があり、感染者の年齢層が他の性感染症と比べ非常に幅広くなっています。男性の多くは、トリコモナスに感染している女性から感染、女性はトリコモナスに感染している男性との性行為、あるいはお風呂や便器、下着やタオルから感染します。免疫はできず何度でも感染します。男性は前立腺や精嚢、尿道に寄生し、尿道炎や前立腺炎を起こします。女性は膣内や子宮頚管、膀胱、尿道に寄生し、膣炎や膀胱炎を起こします。潜伏期間は、男性は10日前後、女性は5日~2週間前後ですが、感染しても女性は20~50%、男性はほとんどの人に自覚症状がありません。男性は、尿によってトリコモナスが排出されることが多く、感染しても重症になることが多くありません。女性は放置していると不妊症や早産・流産につながります。トリコモナス検査はトリコモナス感染を知る唯一の方法です。自覚症状が無いことが多いので、気になる方は、なるべく早く検査を受けましょう。トリコモナス検査を受けられる保健所はありません。「医療機関で人目に付くのが嫌」「病院に行く時間がない」という方は、郵送検査なら自宅でも簡単にトリコモナス検査ができます。自分で採血するセルフ検査ですが、検査精度高く、完全匿名で人と会うことも無く検査ができ、検査結果も早く分かるのでおすすめです。

カンジダ検査キット(膣・尿道(男))おすすめ。口コミも。精度高いカンジダ性病検査が自宅でできる

精度の高いカンジダ検査(膣・尿道(男))が、自宅で、自分で、完全匿名でできるおすすめの郵送カンジダ性病検査キット、性病検査キットの口コミを紹介します。カンジダとは、真菌(カビ)の一種です。最も頻度の高い原因菌はカンジダ アルビカンス菌で、次にカンジダ グラブラータ菌、カンジダ パラプシローシス、カンジダ トロピカリスです。この4種類でカンジダ原因菌の9割以上になります。カンジダは、性行為でも感染しますが、もともと健康な人の皮膚や性器周辺、口腔内などに存在している常在菌です。そのため性器にカンジダがあってもカンジダを発症しているとはいいきれません。通常は増殖せず、感染してもすぐに発症しません。潜伏期間が何年にもなることがありますが、抗生物質やピルの服用、風邪やストレス、他の性病の感染などにより免疫力が落ちた時に増殖して炎症を起こします。また、男性は感染しにくく、女性に多くみられます。このように、潜伏期間が長く感染要因が様々なため、感染原因が分からないことも多くあります。カンジダは常在菌で、性器にカンジダがあってもカンジダを発症しているとはいいきれませんが、カンジダ菌が存在していれば検査は可能です。カンジダ検査はカンジダ感染を知る唯一の方法です。潜伏期間が長いので、気になる方は、なるべく早く検査を受けましょう。カンジダ検査を匿名、無料で受けられる保健所はありません。医療機関に行く必要がありますが、「医療機関で人目に付くのが嫌」「病院に行く時間がない」という方は、郵送検査なら自宅でも簡単にカンジダ検査ができます。自分で検体採取するセルフ検査ですが、検査精度高く、完全匿名で人と会うことも無く検査ができ、検査結果も早く分かるのでおすすめです。

梅毒検査キットおすすめ。口コミも。精度の高い梅毒性病検査が自宅でできる

精度の高い梅毒検査が、自宅で、セルフで、完全匿名でできるおすすめの郵送梅毒性病検査キット商品、性病検査キット商品を紹介します。いずれの梅毒検査キットも販売会社の性病検査歴が長く、医療機関が監修していたり、自社の登録衛生検査所で性病検査しているものですので、検査精度の信頼性もあります。すべて市販品で、最短で発注日即日発送、翌日受け取りできます。検査結果も最短で発注日の翌々日にわかります。梅毒とは、梅毒トレポネーマという病原体により起こる感染症です。先天梅毒と後天梅毒があり、先天梅毒は、出産時の母から新生児への母子感染です。現在は妊婦健診が行われているためほとんどありませんが、胎児に感染すると、死産や早産、新生児の神経や骨などに異常が生じることがあります。後天梅毒は、第1期(感染から3週~3ヶ月)、第2期(感染から3ヶ月~3年)、第3期(感染から3年~10年)、第4期(感染から10年以降)に分けられます。感染は、主に口や性器の粘膜や皮膚の小さな傷からです。感染すると、性器や口にしこり、痛み、かゆみのない発疹が全身にできたりしますが、中には、症状が出ずに長期間にわたり気づかないこともあります。自然に症状が消えることもありますが、症状が消えても感染力が残り病気が進んでいることが特徴で、自然には治りませんので薬による治療が必要です。治療せずに放置すると脳や心臓などの複数の臓器に重大な合併症を起こす危険がありますので、治ったと勘違いしないことが大切です。なお、免疫はできないので、何度も感染します。梅毒の検査方法は、一般的には、医師による診察と血液検査(抗体検査)になります。顕微鏡で病変検体を観察する検査やPCR検査によることもあります。梅毒は、感染しても症状が出ない人もいます。検査を受けないと感染しているかどうか分かりません。早期の適切な治療で梅毒は完治が可能ですが、臓器に生じた障害は元に戻せません。梅毒検査は梅毒感染を知る唯一の方法です。梅毒検査は、全国の保健所で匿名、無料で受けられます。気になる方は、なるべく早く検査を受けましょう。「保健所や医療機関で人目に付くのが嫌」「保健所や病院に行く時間がない」という方は、郵送検査なら自宅でも簡単に梅毒検査ができます。自分で検体採取するセルフ検査ですが、検査精度高く、完全匿名で人と会うことも無く検査ができ、検査結果も早く分かるのでおすすめです。

淋病(淋菌)検査キット(のど・咽頭、膣・尿道(男性器))おすすめ。口コミも。精度高い淋病(淋菌)性病検査が自宅でできる

精度の高い淋病(淋菌)検査(のど・咽頭、膣・尿道(男性器))が、自宅で、自分で、完全匿名でできるおすすめの郵送淋病(淋菌)性病検査キット、性病検査キットの口コミを紹介します。淋病とは、淋菌の感染による性感染症です。淋菌は、あらゆる性行為によって感染しますが、粘膜から離れると数時間で感染しなくなり、日光や乾燥、温度の変化で死滅する弱い菌のため、お風呂やトイレなど性行為以外で感染することはまずありません。ただし、一度の性行為で感染する確率が約30%高く、無症状で感染に気づかない人が多いため、日本ではクラミジアの次に感染者が多い性病となっています。また最近では、淋病の治療に使われる薬に対し淋菌が耐性を持つようになり、薬が効かない菌に変化して感染を拡大させています。潜伏期間は2日~1週間前後で、淋菌が男性の尿道に感染すると、排尿時の痛み、性器から多くの分泌物や乳白色の膿が出るなどの症状がでます。放置すると、尿道炎や前立腺炎、さらに男性不妊症になることもあります。女性は症状が軽く気が付かないこともありますが、放っておくと子宮内膜炎や卵管炎、原因不明の下腹痛や発熱、さらには骨盤炎症性疾患、慢性骨盤痛、子宮外妊娠や卵管不妊症の原因となることもあります。淋病(淋菌感染症)は、男性は排尿時の激しい痛みや性器の腫れにより感染に気づくことがありますが、女性は自覚症状がないことが多いため感染に気づかないことがよくあります。そのため女性から男性に感染されてしまうことが多く、自分の感染が分かった場合、パートナーの検査も必要で、治療は同時に行うことが重要です。淋病(淋菌感染症)発症まで2~1週間程度かかりますが、検査は感染日から2~3日で可能です。淋病(淋菌感染症)検査は淋菌感染を知る唯一の方法です。淋病(淋菌感染症)検査を匿名、無料で受けられる保健所もあります。気になる方は、なるべく早く検査を受けましょう。特に女性は自覚症状がないことが多いので、症状がなくても男性パートナーが感染していたり、気になる行為をした方は検査することをおすすめします。「保健所や医療機関で人目に付くのが嫌」「保健所や病院に行く時間がない」という方は、郵送検査なら自宅でも簡単に淋病(淋菌感染症)検査ができます。自分で検体採取するセルフ検査ですが、検査精度高く、完全匿名で人と会うことも無く検査ができ、検査結果も早く分かるのでおすすめです。

クラミジア検査キット(のど・咽頭、膣・尿道(男性器))おすすめ。口コミも。精度高いクラミジア性病検査が自宅でできる

精度の高いクラミジア検査(のど・咽頭、膣・尿道(男性器))が、自宅で、自分で、完全匿名でできるおすすめの郵送クラミジア性病検査キット商品、性病検査キット商品の口コミを紹介します。クラミジアとは、クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)を病原体とする性感染症です。あらゆる性行為によって感染し、感染率が高く感染しても症状を感じにくいため、気づかないままパートナーへうつしてしまうことがあります。そのため、日本で感染者が一番多い性病です。咽喉(のど)へも感染し、咽喉クラミジアに感染すると完治までに時間がかかります。母から新生児への出産時の感染もありますが、トイレや銭湯などの間接的な接触で感染する可能性は低いです。クラミジアに感染し放っておくと、男性は前立腺炎、精巣上体炎、女性は子宮頸管炎から骨盤内炎症疾患になり不妊症、流早産の原因になります。女性の不妊症の1/3は、クラミジアが原因といわれています。さらに、HIVなどの他の性感染症にも感染しやすくなり、淋菌との混合感染もあります。感染してから症状が出るまでの期間は、1〜3週間前後。クラミジアは自覚症状がないことも多く男女間でお互いに感染させる可能性があります。そのため、自分の感染が分かった場合、パートナーの検査も必要で、治療は同時に行うことが重要です。クラミジア感染はエイズほどの危険性はないため検査を怠りがちですが、自覚症状がほとんどないため感染や発病に気付かないまま進行し、何人もの人に感染させたり、子どもができなくなる危険があります。妊娠を望む方は特にクラミジア検査を受けることをおすすめします。クラミジア検査は、感染日から2~3日で可能です。自覚症状のない潜伏期間でも、感染していれば菌は存在しますので検査可能です。クラミジア検査はクラミジア感染を知る唯一の方法です。クラミジア検査を匿名、無料で受けられる保健所もあります。気になる方は、なるべく早く検査を受けましょう。パートナーと一緒に感染している場合が多いので、自覚症状がなくても、パートナーと一緒に検査することをおすすめします。「保健所や医療機関で人目に付くのが嫌」「保健所や病院に行く時間がない」という方は、郵送検査なら自宅でも簡単にクラミジア検査ができます。自分で検体採取するセルフ検査ですが、検査精度高く、完全匿名で人と会うことも無く検査ができ、検査結果も早く分かるのでおすすめです。