事業紹介

ゲノム編集動物の作製

ゲノム編集技術CRISPR/Cas9の登場により、実験動物(マウス、ラット、ウサギ等)において遺伝子改変が非常に簡単になりました。これら遺伝子改変動物を作製して、個体レベルで遺伝子機能の解明、ヒト病気の原因探究、治療法の開発を行うことができます。

 大阪大学大学院医学系研究科附属動物実験施設においては、このCRISPR/Cas9システムによるゲノム編集動物の作製技術をいち早く取り入れて、マウスおよびラットでのゲノム編集動物の作製支援を行っています。 ご興味のある方はぜひお問い合わせください。


ラットバイオリソース事業

ゲノム編集技術により、重症免疫不全SCIDラットを作製しました。SCIDラットは、ヒト化ラットの作出、臓器移植、iPS細胞の移植等、再生医療分野での広く利用されています。SCIDラットを安定的に飼育、繁殖、維持するために、

1)清浄な空気の飼育室
2)洗浄・滅菌された飼育ケージ・飼料
3)免疫不全ラット用の微生物モニタリング
4)安定的な遺伝子診断ができる環境を整備しています。

ご興味のある方は、免疫不全ラットホームページ "SCID Rat by NBRP-Rat"をご確認ください。