iexas一覧

まりこクリニックまりこ検査キットとSTD研究所STDチェッカーを7つの項目で比較!

人気の性病検査キット「まりこクリニックまりこ検査キット」と「STD研究所STDチェッカー」を、性病検査キットを購入する際に重要な「検査できる性病の種類」「セット内容、料金」「検査結果までの日数、通知方法」「会社、検査の信頼性」「配送方法、秘匿性」「支払方法」「サポート体制」の項目で比較してみました。

まりこクリニックまりこ検査キットとGME医学検査研究所性病検査キットを7つの項目で比較!

人気の性病検査キットまりこクリニックまりこ検査キットとGME医学検査研究所性病検査キットを、「検査できる性病の種類」「セット内容、料金」「検査結果までの日数、通知方法」「会社、検査の信頼性」「配送方法、秘匿性」「支払方法」「サポート体制」で比較してみました。

結婚前にブライダルチェックおすすめ。男性女性用性病検査セルフキットフルセット。口コミも

性病には自覚症状のあるものもあれば、症状が多様で気づきにくいこと、自覚症状が出るまでに時間がかかり長期間気づかずにいることも多々あります。性病検査を受けて初めて性病感染が判明すること、また複数の性病に同時に感染していることもあります。気づかずに放置していると、パートナー同士での感染、家族内での感染の可能性も高くなります。妊娠すると治療が難しくなり、治療期間も長くなります。これから結婚されるカップルは、症状の有無にかかわらず、パートナーと一緒に、なるべく多くの項目、できればフルセットで受けることをおすすめします。

一般細菌性病検査キットおすすめ。口コミも。精度高い一般細菌性病検査が自宅でできる

精度の高い一般細菌性病検査が、自宅で、自分で、完全匿名でできるおすすめの郵送一般細菌性病検査キット、性病検査キットの口コミを紹介します。性病の一般細菌は、クラミジア、淋菌、梅毒、マイコプラズマ、ウレアプラズマ、カンジダ、トリコモナスなど以外の至るところに存在する細菌です。性行為で感染することもありますが、不衛生や免疫の低下などによる人の体内にある常在菌の細菌バランスの崩れが原因になる事もあります。男性は、排尿時の痛みや尿道の違和感などの尿道炎、分泌物や膿が出たりしますが、尿は一般細菌を洗い流すことがあるので、菌が少ない場合は自然に治癒することもあります。女性は、外陰部の痒みやおりものの増加や変化、においなどの原因となります。一般細菌検査を無料、匿名で受けられる保健所はありません。医療機関に行く必要がありますが、「病院に行く時間がない」「医療機関で人目に付くのが嫌」という方は、郵送検査なら自宅でも簡単に一般細菌性病検査ができます。自分で検体採取するセルフ検査ですが、検査精度も高く、完全匿名で人と会うことも無く検査ができます。

性病検査キットの検査結果が陽性の場合はオンライン診療・治療も

性病検査キットの検査は精度の高いものが多いですが、検査結果が陽性となった場合でも、薬の処方や点滴、注射など治療に入るには医師の診断が必要です。治療にはクリニックや病院に行く必要がありますが、「病院に行く時間がない」「クリニックで人と会うのが嫌」「性病科の前で知り合いと会ったらどうしよう」「保険証などで性病治療が家族にバレるのが嫌」といった方もいると思います。郵送性病検査キットで性病検査された方は、なおそういった方が多いと思います。そういった方のために、ここでは病院やクリニックに行かず、誰にも知られることなく性病治療できるオンライン診療・治療が可能なクリニックを紹介します。いずれのクリニックも自由診療だけですので保険証の提出は不要です。また初診からでもオンライン診療が可能です。なお、オンライン診療・治療ができるのは、薬で治療できる性病に限られます。市販薬での治療は効果が不明なことも多いので、医師による治療をおすすめします。

尖圭コンジローマ(HPV低リスク)検査キットおすすめ。口コミも。精度高い尖圭コンジローマ性病検査が自宅でできる

精度の高い尖圭コンジローマ(HPV低リスク)検査が、自宅で、自分で、完全匿名でできるおすすめの郵送尖圭コンジローマ性病検査キット、性病検査キットの口コミを紹介します。尖圭コンジローマは、がん発症リスクの低い、低リスク型(6型、11型)のHPV(ヒトパピローマウイルス)が原因のウイルス性性感染症です。HPV(ヒトパピローマウイルス)とは、接触によって皮膚や粘膜の微小な傷から侵入し、生殖器やその周辺の粘膜にイボをつくるウイルスです。100種類以上の遺伝子の型があり、6型、11型のHPVが尖圭コンジローマや再発性喉頭乳頭種などの原因となります。尖圭コンジローマへの感染は、ほとんどが性行為またはその類似行為によるものです。性行為経験ある女性の約8割が一生に一度はHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染すると言われていますが、HPV(ヒトパピローマウイルス)に感染しても、多くの人が免疫などで自然治癒します。しかし、自然治癒せず尖圭コンジローマが発症すると、皮膚にイボ状の突起などを作り、放置するとイボどうしがくっついて巨大なカリフラワー状・トサカ状になることもあります。イボは手術で取り除けますが、ウイルスを完全に取り除くことは難しく、再発の可能性が高くなります。なお、尖圭コンジローマに感染した人全員がすぐに発症するわけではなく、ウイルスが体に潜んでいるだけの人もかなりいるといわれています。尖圭コンジローマ(HPV低リスク)検査は尖圭コンジローマ感染を知る唯一の方法です。自覚症状が無いことも多く、ウイルスが体内に潜んでいるだけの人も多いようです。尖圭コンジローマを発症してしまうと、再発を繰り返す可能性が高くなりますので、定期的な検査をおすすめします。尖圭コンジローマ(HPV低リスク)検査を無料、匿名で受けられる保健所はありません。医療機関に行く必要がありますが、「病院に行く時間がない」「医療機関で人目に付くのが嫌」という方は、郵送検査なら自宅でも簡単に尖圭コンジローマ(HPV低リスク)検査ができます。自分で検体採取するセルフ検査ですが、検査精度も高く、完全匿名で人と会うことも無く検査ができ、検査結果も早く分かるのでおすすめです。

HPV(ヒトパピローマウイルス)ハイリスク型検査キットおすすめ。口コミも。精度高いハイリスクHPV性病検査が自宅でできる

精度の高いハイリスク型HPV(ヒトパピローマウイルス)感染検査が、自宅で、自分で、完全匿名でできるおすすめの郵送ハイリスクHPV性病検査キット、性病検査キットの口コミを紹介します。HPV(ヒトパピローマウイルス)は、接触によって皮膚や粘膜の微小な傷から侵入し、生殖器やその周辺の粘膜にイボをつくるウイルスです。HPVには100種類以上の遺伝子の型があり、子宮頸がん発症リスクの観点から高リスク型と低リスク型に分けられます。子宮頸がんの原因のほぼ100%がHPVと言われ、16型や18型、31型などが子宮頸がんを引き起こす原因となる高リスク型です。16型と18型は子宮頸がんを発症した患者の約7割から検出されています。低リスクの6型、11型は、尖圭コンジローマや再発性喉頭乳頭種などの原因となります。33型、45型、52型、58型など中咽頭がん、肛門がん、膣がん、外陰がん、陰茎がんなどの原因になる型もあります。また性行為の多様化により、咽頭(のど)などに感染し咽頭がんや口腔がんなどを引き起こす可能性があるとも言われています。HPV(ヒトパピローマウイルス)への感染は、ほとんどが性行為またはその類似行為によるもので、性行為経験ある女性の約8割が一生に一度は感染すると言われています。ただ、ほとんどの方は、免疫などによって、ウイルスは自然消滅します。がんになるのは消滅せずに持続感染した場合ですが、子宮頸がんになるまでには、数年~十数年かかります。自覚症状もありません。しかし、定期的に子宮頸がん検診を受けていれば、がんになる前の状態の前がん病変で発見でき、治療することが可能です。ハイリスク型HPV(ヒトパピローマウイルス)検査はハイリスク型HPV(ヒトパピローマウイルス)感染を知る唯一の方法です。自覚症状はありません。再感染することもありますので、定期的な検査をおすすめします。なお、ハイリスク型HPV感染自体は病気ではないため、検査の結果が陽性であっても、すぐに治療が必要なわけではありません。まずは婦人科で子宮頸がん検査を受けることをおすすめします。HPV(ヒトパピローマウイルス)検査を無料、匿名で受けられる保健所はありません。医療機関に行く必要がありますが、「病院に行く時間がない」「医療機関で人目に付くのが嫌」という方は、郵送検査なら自宅でも簡単にハイリスク型HPV(ヒトパピローマウイルス)検査ができます。自分で検体採取するセルフ検査ですが、検査精度も高く、完全匿名で人と会うことも無く検査ができ、検査結果も早く分かるのでおすすめです。

C型肝炎検査キットおすすめ。口コミも。精度高いC型肝炎ウイルス性病検査が自宅でできる

C型肝炎ウイルス(HCV)は、B型肝炎同様、免疫によってウイルスを排除する一過性感染と、ウイルスを排除できず体内に残ってしまう持続感染(キャリア)がありますが、慢性化率が高いのが特徴で、60~70%の人はウイルスが自然に排除されることなく、慢性肝炎になると言われています。また、症状が出ないまま10~15年かけてC型肝炎ウイルス(HCV)が増殖し、肝硬変や肝臓癌になることもあります。ただ現在は、治療の進歩により、早期発見・適切な治療で体内からウイルスを排除することが可能になり、日本ではC型肝炎ウイルスが原因の肝臓癌は減少しています。C型肝炎ウイルスの感染は、血液を介してします。お風呂や便器、握手や食器の共用で感染しません。また、C型肝炎の人の血液に直接触れなければ感染しませんので、通常の性行為によっては感染しません。しかし、生理中の性行為など出血をともなう性行為では感染します。歯ブラシやひげ剃りなど血液が付く可能性があるものの共用は避けるようにしましょう。肝臓は沈黙の臓器と言われますが、C型肝炎も慢性化の段階ではほとんどの人に自覚症状がありません。自覚症状があっても、体がだるい、疲れやすい、食欲がない、悪心、体重減少など、C型肝炎に独特の症状ではありません。自覚症状がないまま肝硬変、肝臓癌になる方もいます。C型肝炎検査はC型肝炎感染を知る唯一の方法です。自覚症状が無いことも多く、症状だけで判断するのは難しいようですので、気になる方は、なるべく早く検査を受けましょう。とくに、1992年以前に手術や輸血を受けた方、1994年以前にフィブリノゲン製剤、1988年以前に血液凝固因子製剤を使用された方、家族にC型肝炎ウイルス(HCV)陽性者がいる方は検査を受けた方がいいようです。C型肝炎検査検査を匿名、無料で受けられる保健所、各自治体が委託する医療機関もあります。気になる方は、なるべく早く検査を受けましょう。「保健所や医療機関で人目に付くのが嫌」「保健所や病院に行く時間がない」という方は、郵送検査なら自宅でも簡単にC型肝炎検査ができます。自分で検体採取するセルフ検査ですが、検査精度高く、完全匿名で人と会うことも無く検査ができ、検査結果も早く分かるのでおすすめです。

B型肝炎検査キットおすすめ。口コミも。精度高いB型肝炎ウイルス(HBV)性病検査が自宅でできる

精度の高いB型肝炎検査が、自宅で、自分で、完全匿名でできるおすすめの郵送B型肝炎性病検査キット、性病検査キットの口コミを紹介します。B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)が血液・体液を介して感染することで起こる肝機能障害(肝炎)をいいます。B型肝炎には、一定期間を経てB型肝炎ウイルス(HBV)が体から排除されて一過性の感染に終わる一過性感染と、ほぼ生涯にわたり感染が継続する持続感染(HBVキャリア)があります。持続感染が進行すると肝硬変や肝臓癌へ進行することもあるので注意が必要です。B型肝炎ウイルスの感染は、B型肝炎ウイルスの含まれる血液や体液が体内に入ることにより起こります。よって、輸血やHBVに感染している母親からの母子感染、家庭内感染、性行為により感染します。一過性感染の多くは、性行為によるものと考えられています。出産時の母子感染や3歳未満の感染は、持続感染になりやすいようです。なお、日本で輸血される血液はすべてB型肝炎ウイルスの検査が行われるため、輸血による感染確率はゼロではありませんがゼロに近づいています。感染しても自覚症状がなく自然治癒する人が多い、といわれますが、症状がみられるのは、急性B型肝炎の約20~30%といわれています。B型肝炎は、感染力が強いウイルスですが、早期の治療により完治できる病気です。B型肝炎検査はB型肝炎感染を知る唯一の方法です。自覚症状が無いことも多く、症状だけで判断するのは難しいようですので、気になる方は、なるべく早く検査を受けましょう。B型肝炎検査検査を匿名、無料で受けられる保健所、各自治体が委託する医療機関もあります。「保健所や医療機関で人目に付くのが嫌」「保健所や病院に行く時間がない」という方は、郵送検査なら自宅でも簡単にB型肝炎検査ができます。自分で検体採取するセルフ検査ですが、検査精度高く、完全匿名で人と会うことも無く検査ができ、検査結果も早く分かるのでおすすめです。

ウレアプラズマ検査キットおすすめ。口コミも。精度高いウレアプラズマパルバム・ウレアリチカム性病検査が自宅でできる

精度の高いウレアプラズマ検査が、自宅で、自分で、完全匿名でできるおすすめの郵送ウレアプラズマ性病検査キット、性病検査キットの口コミを紹介します。ウレアプラズマと呼ばれる菌は種類が様々ありますが、性感染症の一つである尿道炎を引き起こすのは、ウレアプラズマ・パルバム、ウレアプラズマ・ウレアリチカムといわれています。尿道炎の約20%がウレアプラズマやマイコプラズマが原因と言われ、「非クラミジア性非淋菌性尿道炎(クラミジアと淋菌以外が原因の尿道炎)」の一種で、クラミジアや淋菌に次いで尿道炎の原因菌として近年注目を集めています。ウレアプラズマの感染経路は、主に性行為です。細菌が粘膜と接触することで感染しますので、お風呂や便器、タオルなどでの感染は考えにくいです。感染率は1回の性行為で30~50%と言われ、また感染しても、症状が弱かったり、全く症状がない場合もあり、感染していることに気付かないことも多いようです。そのため、パートナーはじめ、他人に感染させてしまう方が多く感染者が増加傾向にあります。ウレアプラズマ検査はウレアプラズマ感染を知る唯一の方法です。自覚症状が無いことも多く、症状だけで判断するのは難しいようですので、気になる方は、なるべく早く検査を受けましょう。ウレアプラズマ検査を受けられる保健所はありません。医療機関に行く必要がありますが、「医療機関で人目に付くのが嫌」「病院に行く時間がない」という方は、郵送検査なら自宅でも簡単にウレアプラズマ検査ができます。自分で検体採取するセルフ検査ですが、検査精度高く、完全匿名で人と会うことも無く検査ができ、検査結果も早く分かるのでおすすめです。